ホワイトニングは有機性の着色成分を分解し漂白します

歯のホワイトニングとクリーニングの違い

歯の色を白くすることをホワイトニングと呼んでいて、漂白やブリーチングとも呼ばれています。

 

自宅で行うものと、医院で行うものがあり、どちらも保険が適用されないので自費治療扱いになります。

 

ホワイトニングは消毒薬と同様の成分である「過酸化水素」を使用し、染み込んでいる有機性の着色成分などを分解したり漂白する仕組みです。

 

ホワイトニングした後は冷たいものや温かいものが一時的にしみやすかったり、やや着色しやすくなりますが次第に落ち着きます。

 

ホワイトニングを行っても、痛むことはなく安心して施術を受けることが可能です。自宅によるホームホワイトニングは低刺激の「過酸化尿素」をマウスピース状のトレーに入れ、決められた時間の間装着することによる方法で、まず医院で自分に合ったトレーを作ってもらい、自宅に持ち帰ってからトレーに薬を入れて自分ではめるという作業を繰り返します。

 

2週間ぐらい使用すると個人差はありますが、1〜2段階は白くなるでしょう。

クリーニングは歯石などを取り除きます

クリーニングは歯周病などの原因である歯石などを取り除く作業のことを言います。

 

超音波スケーラーの振動によって汚れを落とすことができる機械や、ハンドスケーラーなどの手用器具を使用し経験豊富な医師や衛生士によって施術されます。ハンドスケーラーの場合、患者のお痛みの程度や部位などによって、麻酔を行うケースもあるでしょう。

 

部分的なクリーニングだと1日で完了することができますが、一般的に数回に分けて施術することが多いです。表面の汚れがひどい場合、この方法を行うだけで十分白くなります。

 

但し、あくまで表面に付着している汚れだけを取り除くものなので、もともと変色しているような場合には、クリーニングするだけでは白くなりません。基本的に保険治療の範囲内で利用することができるので、定期的に施術してもらうことで白い状態を維持することができたり、口の中をチェックしてもらえることが可能です。

PMTCは研磨ジェルを使ってきれいに仕上げます

PMTCは医師や衛生士が専門的な機械やフッ素入りの研磨ジェルを使ってクリーニングを行うことを言い、Professional Mechanical Tooth Cleaningの略語になります。表面から1mm〜3mmまでの溝にあるプラーク、いわゆる細菌の塊をすべて取り除くことが可能です。

 

PMTCを施術することによって、ツルツルに磨かれた表面にはプラークが付きにくくなります。

 

PMTCは口の中の健康状態を維持するための環境作りを行うことができる処置です。特にタバコのヤニや気になる茶渋などの着色、口臭が気になる人におすすめの施術で、歯肉炎や口臭などを予防したり、知覚過敏や虫歯の進行を抑制することができます。矯正中の人も利用することができ、矯正装置の汚れもいっしょにきれいに取り除くことが可能です。

 

被せ物やブリッジなどがある人にもおすすめで、自分では磨けないような部位まできれいな状態になります。

 

自宅でホワイトニングケアができるおすすめのホワイトニングジェル