治療を受けられない期間を確認してみよう

歯の黄ばみを改善し白くする事が出来る治療に、ホワイトニング治療という方法があります。

 

デンタルクリニックで受けられる治療で、口元のコンプレックスを解消出来るとして人気です。ただ、誰でも治療を受けられるという事はなく、場合によってはできないケースもあるので確認しておきましょう。

 

ホワイトニング治療ができない期間としては、妊娠中・出産してすぐが挙げられます。黄ばみや色素沈着を分解するために塗る薬剤は、安全性の高いものです。
しかし、薬剤が血中に入り込み胎児に何かしらの影響を、与えてしまうかもしれません。

 

ですので、お腹の中に赤ちゃんがいる期間は、ホワイトニング治療を受けられないのです。

 

授乳中も妊娠中同様、薬は制限されています。もしもの時を考えて、妊娠中・出産すぐにはホワイトニング治療は行いません。

 

この他には、まだ体が成長段階にある中学生以下のお子さんの場合も、多くのデンタルクリニックではホワイトニング治療を避けるようです。

口腔内にトラブルがある場合も受けられない

ホワイトニング治療は口腔内にトラブルがある場合も、できない治療と言われています。
例えば、虫歯や歯周病がある場合は、ホワイトニング治療を行う前に先に、これらの治療を行わなければいけません。

 

進行性の病気なので、そのまま放置してしまうと、どんどん症状が悪化してしまうためです。

 

また、口腔内にトラブルがあると薬剤がしみて痛みを感じるリスクもあるので、先にトラブルを治してからホワイトニング治療を行います。

 

入れ歯を白くしたいと考えている方にも、ホワイトニング治療は向いていない治療法です。
銀歯などの詰め物によって変色をしている場合も、治療を行ったとしてもあまり効果が期待できない為、他の治療法を進めるデンタルクリニックが多いようです。

 

ホワイトニング治療を行っているデンタルクリニックを受診したからといって、必ずしも治療を受けられるという訳ではありません。
治療を希望する方は、まず口腔内の環境からチェックしてみましょう。

発症していると治療を受けられない病気もある

無カタラーゼ症という病気を発症している、疑いがあるという方も治療を受けられないので注意が必要です。

 

高原氏病とも言われる病気で、遺伝的酵素欠損が原因となり、体内のカタラーゼが不足してしまう症状が起こります。

 

ホワイトニング治療では過酸化水素の作用によって、黄ばみや色素沈着を分解していき白くするのですが、カタラーゼには過酸化水素を分解する作用があると言われているのです。

 

無カタラーゼ症を発症していると、カタラーゼ不足に陥り過酸化水素を十分に分解できない可能性がある事から治療は受けられません。

 

また、病気の治療に用いる薬によって黄ばんでいる場合も、治療を避ける傾向にあります。

 

テクラサイクリンという抗生物質を含む薬の服用によって、着色汚れが起こるケースもあるようです。

 

テクラサイクリンが原因の黄ばみは、歯の表面が変色しているのではなく、奥から色が変わってしまうという特徴があります。

 

ホワイトニング治療は表面の黄ばみを解消する治療なので、このケースだと施術の効果が出にくいため、治療ができないのです。